zamysanのブログ

中日ドラゴンズファンとして感じたことを書いています

交流戦は貯金2で終了

■公示
・6/12大野抹消、岡野登録
・6/13近藤抹消

 

■1軍 2勝4敗<通算25勝29敗9分>4位
6/ 8(火)●中日2-5楽天 ●柳6.1回5失点、福田HR
6/ 9(水)○中日7-3楽天 ○小笠原6回2失点、高橋4安打4打点2HR
6/10(木)●中日2-6楽天 ●勝野4回4失点
6/11(金)○中日6-5西武 ○大野7回3失点、S又吉、堂上4安打
6/12(土)●中日3-7西武 ●岡野4回6失点、桂HR
6/13(日)●中日3-4西武 ●福谷7.2回4失点、堂上2打点
火曜日は柳投手が打たれたので仕方ありません。水曜日は交流戦で3試合とも好投していた小笠原投手にようやく勝ちがつきました。小笠原投手が投げる試合で高橋選手が打つパターンも定着してきた気がします。木曜日の試合は、交流戦の優勝争いのためには大事な試合でしたが、前の試合に7点取った打線を大きく入れ替えたこと、2-4の5回裏に登板した2番手投手がロサリオ投手だったことから必ずしも交流戦の優勝にこだわった戦い方はしなかったような気がします。
金曜日は大野投手が7回3失点にまとめ、その後を4投手の継投で逃げ切りました。土曜日は今季初登板初先発の岡野投手が初回に6失点でした。日曜日は福谷投手が粘り打線も3点差を追いつきましたが競り負けました。

 

■2軍 1勝2敗<通算26勝20敗1分>2位
6/1(火)○中日5-1ソフトバンク 松葉6回1失点、石橋HR、京田・ワカマツ・三好2安打
6/2(水)●中日2-4ソフトバンク 山井4.2回4失点、森3回0失点、遠藤HR
6/3(木)●中日0-9ソフトバンク 高橋2.1回3失点、岡林2安打
火曜日は松葉投手の好投で勝利です。石橋選手にHRが出ました。水曜日は山井投手が打たれましたが、森投手は前回登板に続き3回を0失点に抑えました。木曜日は高橋投手が途中から変化球を投げるなとの指令が出たこともあり8失点でした。

 

今週の1軍は負け越しましたが、全て先発投手に勝敗が付いたのはいい傾向だと思います。大野投手と福谷投手が7回以上と、少しずつ長い回を投げるようになっています。怪我や体調不良の選手がいたこともあるのでしょうが、DHでの試合だったこともあり、多くの選手を試していた印象でした。目先の勝利よりも自軍の戦力を見極めているような印象でした。
与田監督は、1・2軍の入替が少ないと良く言われますが、これは一度1軍に上がった選手には一定の期間チャンスを与える方針であると思います。しかし、一定の期間がすぎれば、2軍に落とすこともあり、その後は2軍にいる期間が長くなります。交流戦の終了で日程的にも一つの区切りになりますので、ここである程度の選手の入替を行うことが期待されます。
まず1軍に上げてほしいのは、遠藤選手(.216、3HR)です。外野手不足で守備固めができる選手が欲しいですし、堂上選手と同じように経験値もあります。次は伊藤選手(.263、1本)です。期待の若手で元々足がある上に、打撃技術が上がってきています。そして岡林選手(.278)です。打撃が魅力ですが、足・肩もあるため代走からの起用も面白そうです。加藤捕手(.234)も木下捕手に代走を出した後に抑えキャッチャーとして起用することが考えられます。
滝野選手(.103)、武田選手(.190、1HR)、山下捕手(.100)と入れ替えることが考えられます。もう一枠は近藤投手が抹消されたので空いています。
 (予想)・滝野・武田・山下抹消 ・遠藤・伊藤・岡林・加藤登録

 

また、阿部選手(.209、3HR)、福田選手(.222、3HR)、福留選手(.233)をどうするかということもあると思います。
阿部選手の代わりは、内野手は現状右打者が多いため、京田選手が上がるとバランスが良いですが、その前に土田選手を試してみるというのもあるかもしれません。溝脇選手の昇格で内野手は一人増えているので、交代なしでの抹消も考えられます。福田選手と入れ替えるとしたら石垣選手、福留選手と入れ替えるとしたら藤井選手、が役割期待も似ているので有力ではないかと思います。
投手は、佐藤投手・石川投手・森投手などが好投しているようです。森投手は先発調整になったようなのでしばらくは2軍だと思います。石川投手や佐藤投手を上げてみても面白いと思います。

 

今週の1軍は金曜から神宮でのヤクルト戦です。セリーグとの試合再開が、相性の悪いヤクルト戦なので、ここを乗り切りたいところです。
今週の2軍はナゴヤ球場での広島3連戦と敵地でのオリックス3連戦です。2位ですが、首位ソフトバンクに引き離されてきましたので、追い上げていきたいところです。

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球

 

交流戦同率首位キープ

■公示
・5/31石橋抹消、6/1山下登録(支配下登録)
・6/6梅津抹消、6/6溝脇昇格

■1軍 3勝2敗1分<通算23勝25敗9分>4位
6/1(火)○ロッテ0-1中日 ○柳1安打完封
6/2(水)△ロッテ2-2中日 小笠原6回0失点
6/3(木)○ロッテ3-4中日 勝野6回1失点、○祖父江、S又吉、HR3本
6/4(金)●オリックス2-1中日 ●大野6回2失点、福田HR
6/5(土)○オリックス3-6中日 梅津・○山本2回0失点、S又吉、HR3本
6/6(日)●オリックス4-0中日 福谷6回4失点
火曜日は柳投手の完封で快勝、水曜日は又吉投手が打たれ引分け、木曜日は福投手が打たれ逆転されるも堂上・井領・大島選手のHRと阿部選手のスクイズで4点を取り勝利しました。
金曜日は大野投手が6回2失点にまとめましたが、オリックス山本投手を打てず敗戦です。土曜日はビシエド選手の2本と高橋選手の1本のHRと福田選手と堂上選手の犠牲フライで6点を取り8投手の継投で逃げ切りました。2番手のドラゴンズ山本投手が今季初勝利です。日曜日は完敗でした。

 

■2軍  0勝4敗1分<通算25勝18敗1分>2位
6/1(火)△中日5-5広島 松葉5回4失点、石川2安打1HR、三好2安打
6/2(水)●中日0-1広島 高橋7回1失点
6/3(木)●中日2-4広島 森3回0失点、岡林2安打
6/4(金)雨天中止(対阪神
6/5(土)●阪神12-7中日 岡野4回6失点、京田・石川HR
6/6(日)●阪神13-8中日 笠原5回4失点、石岡4安打1HR
4敗1分と勝ちがありませんでした。先発は松葉・岡野・笠原投手が今一つな内容だった一方、新人の高橋投手と森投手は好投しました。
リリーフは丸山・垣越・田島・上田・石川投手なども投げています。投げられる投手が増えてきましたが、丸山投手と鈴木投手は土曜日に3失点、三ツ間投手は日曜日に7失点でした。
野手は石川選手がHR2本と調子を上げてきました。チームでHRトップ(5本)の山下選手と打率トップ(.352)の溝脇選手が1軍に昇格しました。石岡選手が.306まで上げてきましたが、支配下選手枠はあと一つです。

 

今週は、1軍は敵地での楽天・西武との3連戦×2です。現在交流戦DeNAと1位タイで並んでいます。セリーグの貯金が2まで減り、残りはパリーグのホームでの試合なので厳しいですが、せっかくの機会ですので、交流戦優勝を目指して頑張ってほしいです。
2軍は、前半は敵地でのソフトバンク3連戦、首位攻防戦となります。2.5ゲーム差なので首位に返り咲くためには3連勝が必要です。週の後半は試合がありません。

 

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球

5月

今日で5月が終わりです。ここまでの成績を振り返ってみたいと思います。
ここまで51試合を戦いました。

 5月 9勝 8敗4分    ○
 通算20勝23敗8分 4位 ●●●

 対阪神   3勝4敗1分 ●   ホーム2勝1敗   ビジター1勝3敗1分
 対巨人   4勝5敗2分 ●   ホーム2勝2敗2分 ビジター2勝3敗
 対ヤクルト 1勝5敗2分 ●●●●  ホーム1勝2敗2分 ビジター  3敗
 対広島   3勝4敗1分 ●   ホーム2勝3敗   ビジター1勝1敗1分
 対DeNA   5勝4敗1分 ○   ホーム2勝4敗   ビジター3勝  1分
 対ソフトバンク   2勝  1分 ○○  ホーム2勝  1分
 対日本ハム 2勝1敗   ○             ビジター2勝1敗  

セリーグ相手には借金6ですが、交流戦で貯金3です。引続きヤクルト戦が苦手です。


先発投手陣の成績です。(試合数順)

 柳   9試合4勝1敗 QS8回 防御率1.62 61回
 小笠原 9試合3勝2敗 QS6回 防御率2.55 53回
 福谷  9試合3勝4敗 QS3回 防御率3.66 51.2回
 大野  8試合2勝3敗 QS5回 防御率3.50 54回
 勝野  8試合3勝3敗 QS2回 防御率3.83 42.1回

 51試合中43試合はこの5投手が先発です。15勝13敗と勝ち越しです。QSは24試合と半分以上(QS率.558)です。

 松葉  4試合0勝2敗 QS1回 防御率5.49 19.2回
 梅津  2試合0勝1敗 QS0回 防御率1.93  9.1回
 ロドリゲス 2試合0勝1敗 QS1回 防御率3.86 11.2回


リリーフ陣の成績です。(試合数順)

 又吉  27試合0勝1敗15H4S 防御率0.71 25.1回
 谷元  22試合0勝1敗9H0S 防御率2.30 15.2回
 祖父江 22試合0勝2敗5H5S 防御率3.79 19回
 福   22試合2勝1敗9H0S 防御率2.08 17.1回
 マルティネス 17試合0勝1敗0H6S 防御率1.08 16.2回
 藤嶋  16試合1勝0敗2H0S 防御率2.16 16.2回
 橋本  15試合0勝0敗1H0S 防御率2.40 15回
 鈴木  15試合2勝0敗0H0S 防御率5.02 14.1回


野手陣の成績です。(打数順)

 大島   .308(198-61)0本10打点
 高橋   .278(187-52)1本13打点
 木下   .267(161-43)6本20打点
 ビシエド .298(161-48)7本28打点

 この4人は活躍していると言えると思います。

 京田   .245(155-38)1本10打点
 阿部   .220(150-33)3本11打点
 根尾   .190(121-23)1本12打点
 福田   .222(108-24)1本8打点

 この4人は準レギュラーですが、十分な活躍とは言えません。

 福留   .212( 52-11)0本4打点
 三ツ俣  .256( 43-11)0本7打点
 井領   .281( 32- 9)0本1打点
 滝野   .130( 23- 3)0本0打点
 高松   .190( 21- 4)0本1打点
 武田   .176( 17- 3)1本1打点
 石橋   .143( 14- 2)0本0打点
 桂    .111( 9- 1)0本0打点
 堂上   .000( 1- 0)0本0打点

 

投手陣は陣容が整ってきました。先発では岡野・笠原投手、リリーフでは三ツ間・森投手なども2軍で控えています。
野手は、阿部⇔溝脇、武田⇔遠藤、福田⇔石垣、根尾⇔岡林、滝野⇔伊藤、選手などの入替が考えられると思います。

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球

交流戦単独首位・ファームもウエスタンリーグ首位

■1軍 4勝1敗1分<通算20勝23敗8分>4位
5/25(火)○ソフトバンク0-2中日 ○柳7回0失点、S又吉
5/26(水)○ソフトバンク3-4中日 小笠原6.2回1失点、○福、S又吉、阿部HR
5/27(木)△ソフトバンク3-3中日 勝野5.2回3失点、木下3ランHR
5/28(金)●中日1-10日本ハム ●大野4回6失点、近藤・ロサリオ初登板
5/29(土)○中日7-4日本ハム 梅津4.1回2失点、○福、S又吉、木下2ランHR
5/30(日)○中日4-1日本ハム ○福谷6回1失点、ビシエドHR、S又吉


火曜日は柳投手が7回0失点、福・又吉投手が継投し完封リレーです。五輪予選で離脱のマルティネス投手に代わって抑えとなった又吉投手が今季初セーブです。
水曜日は小笠原投手が6.2回1失点の好投、藤嶋投手が8回表に柳田選手に2ランHRを打たれ同点に追いつかれますが、その裏に阿部選手のソロHRで勝ち越し、8回途中から登板の福投手が今季初勝利、又吉投手が今季2セーブ目をあげました。
木曜日は初回に勝野投手が3失点しますが、4回裏に木下選手の3ランHRで同点に追いつき、継投で引き分けに持ち込みます。8回の橋本投手の投球は圧巻でした。


この3試合、ショートは三ツ俣選手が先発で起用されました。木曜日はソフトバンク先発笠谷投手を相手に、ショート三ツ俣選手、ライト武田選手と右バッターをそろえたところ、右打ちの控え野手が桂捕手と石橋捕手のみとなりました。金曜日に京田選手に代わり堂上選手が1軍に昇格したのは、京田選手に打撃面での課題があるのでしょうが、1軍に右打者が少ないということもあったかと思います。


金曜日は大野投手が4回6失点と打たれました。続く今季初登板の山本投手も4失点でした。一方で、札幌の大学出身の育成1位ルーキー近藤投手が札幌でプロ初登板し、1回を0失点に抑えました。新外国人のロサリオ投手も初登板で同じく1回を0失点に抑えました。
土曜日は接戦のシーソーゲームで、5回表に木下選手の2ランHRで勝ち越しますが6回裏に同点に追いつかれます。8回表にビシエド選手のタイムリーツーベースで代走の高松選手がホームに帰りこれが決勝点となりました。このあと三ツ俣選手も2タイムリーツーベースを放ちダメ押しました。7回に登板の福投手が今週(今季も)2勝目、又吉投手が3セーブ目をあげました。3番DHの福留選手が4安打2打点と活躍しました。
日曜日は先発の福谷投手が6回1失点と好投します。阿部選手の久々のタイムリーで先制した後、ビシエド選手のソロHRや三ツ俣選手のタイムリーなどで追加点をあげます。最後は又吉投手が締め4セーブ目をあげました。

 

交流戦ソフトバンク日本ハム戦ともにカード勝ち越しと上々のスタート、4勝1敗1分で交流戦単独1位です。
今週は、野手ではビシエド選手が復調してきましたし、木下選手が2HR、三ツ俣選手や福留選手も活躍しました。
投手は先発では柳・小笠原・福谷投手が好投しました。リリーフでは、又吉投手が5試合4セーブ、福投手が4試合2勝とフル回転、橋本投手が素晴らしい投球を見せましたし、祖父江投手も復活してきたようです。

 

■2軍  3勝0敗<通算25勝14敗>1位
5/28(金)○オリックス0-1中日 岡野6回0失点、山下HR、石川・岡林2安打
5/29(土)○オリックス3-4中日 笠原5回1失点、石川2打点、松木平初登板
5/30(日)○オリックス2-5中日 山井5回1失点、藤井3安打、溝脇2安打


金曜日は岡野投手が6回0失点の好投、2番手のドラフト2位新人の森投手が2回を0失点に抑え勝ち投手です。山下選手のHRの1点を守り切りました。途中出場の京田選手が好守備を見せました。
土曜日は笠原投手が5回1失点の好投、土田選手のタイムリーや石川選手の犠牲フライなどで3-3の同点から、延長10回裏に石川選手のサヨナラタイムリーで勝利しました。育成3位ルーキーの松木平投手が初登板で1回を2失点でした。丸山・田島・佐藤投手などが登板しました。
日曜日は山井投手が5回1失点の好投、藤井選手が3安打とベテラン選手が活躍します。松田・鈴木・岡田投手などが登板しました。


オリックス戦3連勝で首位をキープしていますが、2位ソフトバンクも広島戦3連勝で0.5ゲーム差につけています。
溝脇選手は.403と引続き好調をキープです。岡林選手は.319ですが、石垣選手.298と伊藤選手.284は3割を割ってきました。
松木平投手が初登板でした。これで高卒新人投手では、ドラフト1位高橋投手・育成ドラフト2位上田投手に続いて、3人目の登板になります。あと出場していないのは、ドラフト4位の福島投手とドラフト5位の加藤投手です。

 

来週の1軍戦は、バンテリンドームでのロッテ戦・オリックス戦です。交流戦首位のキープが目標です。
来週の2軍戦は、敵地での広島戦とナゴヤ球場での阪神戦です。こちらも首位のキープが目標です。

 

接戦をものにすることができるようになってきました。こういう試合を続けられるとチーム力が上がってくるので、今後に期待が持てます。

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球 #プロ野球交流戦 #交流戦

交流戦前週は勝ち越し

■1軍 2勝1敗1分<通算16勝22敗7分>5位
5/18(火)○中日5-1DeNA ○小笠原6回0失点、大島・京田3安打
5/19(水)雨天中止(対DeNA
5/20(木)雨天中止(対DeNA
5/21(金)△巨人1-1中日 大野7回1失点
5/22(土)●巨人5-4中日 ●ロドリゲス5回4失点、ビシエド3打点 
5/23(日)○巨人1-4中日 ○福谷6回1失点、Sマルティネス
DeNA戦は初戦に勝利した後2試合は雨天中止、巨人戦は1勝1敗1分でした。

 

■2軍  2勝1敗<通算22勝14敗>1位
5/18(火)○オリックス1-6中日 岡野6回0失点、堂上HR
5/19(水)雨天中止(対オリックス)
5/20(木)降雨宇ノーゲーム(対オリックス)
5/21(金)雨天中止(対阪神
5/22(土)○中日4-3阪神 梅津4回0失点、遠藤HR 
5/23(日)●中日1-6阪神 松葉4回1失点、高橋3回4失点、山下HR
火曜日は岡野投手が5勝目を上げました。防御率も0.93と好成績です。日曜日は、高橋投手が失点しました。堂上・遠藤・山下選手にHRが出ました。溝脇.400、石垣.327、岡林.317、伊藤.300と好調をキープしています。

 

交流戦前までの先発投手の成績です。これまで8投手が先発しました。
 柳   8先発QS7 3勝1敗 防御率1.83
 小笠原 8先発QS5 3勝2敗 防御率2.72
 福谷  8先発QS2 2勝4敗 防御率3.94
 大野  7先発QS5 2勝2敗 防御率2.70
 勝野  7先発QS2 3勝3敗 防御率3.68
 松葉  4先発QS1 0勝2敗 防御率5.49
 ロドリゲス 2先発QS1 0勝1敗 防御率3.86
 梅津  1先発QS0 0勝1敗 防御率0.00
通算16勝のうち、先発投手が13勝を上げています。あとの3勝は、鈴木投手2勝と藤嶋投手1勝です。柳・大野・小笠原投手が3本柱と言えるでしょう。雨で登板機会が流れている梅津投手に期待です。福谷投手にも復調の気配が見えています。2軍には岡野投手もいます。

 

1軍は今週から交流戦、まずはバンテリンドームでのソフトバンク戦と札幌ドームでの日本ハム戦です。
2軍は前半は試合なし、後半はナゴヤ球場でのオリックス戦です。

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球

今週は勝てず

■1軍 3敗2分<通算14勝21敗6分>5位
5/11(火)△中日4-4阪神 小笠原6回3失点、高橋・木下2ランHR
5/12(水)雨天中止(対阪神
5/13(木)●中日1-2阪神 ロドリゲス6.2回1失点、木下HR
5/14(金)●ヤクルト4-1中日 ●勝野4回2失点
5/15(土)●ヤクルト0-5中日 ●福谷5.1回2失点 
5/16(日)△ヤクルト2-2中日 柳7回2失点
阪神戦は2試合でHRが3本出ましたが1敗1分でした。金曜は10安打1得点、土曜は3安打無得点、日曜は12安打2得点と、ヒットは出ても点が取れませんでした。
チームの得点圏打率が2割未満となっているので重症です。得点圏打率上位3名は、高松.333、ビシエド.276、高橋.242と、.250を超えているのが2選手しかいません。しかもビシエド選手がこの3連戦ではノーヒットと調子を崩しています。

 

■2軍  1勝2敗<通算20勝13敗>1位
5/11(火)○中日3-2広島 岡野5回2失点、郡司HR、溝脇・堂上・伊藤2安打
5/12(水)降雨ノーゲーム(対広島)
5/13(木)●中日1-8広島 山井5回4失点
5/14(金)●中日5-7ソフトバンク 松葉6回3失点、溝脇3安打、岡林・三好・土田2安打
5/15(土)雨天中止(対ソフトバンク)
5/16(日)雨天中止(対ソフトバンク)
広島・福岡への遠征は1勝2敗、3試合が中止でした。溝脇.408、石垣.305、岡林.333、伊藤.305と好調です。土田選手も.244まで打率を上げてきました。
溝脇選手・石垣選手・伊藤選手・堂上選手(.247)、遠藤選手(.259)などは、1軍に上げても良いかもしれません。


来週は、横浜での3連戦とバンテリンドームでの巨人3連戦です。チーム状態が悪いですが、5割をキープしておきたいところです。再来週からは交流戦となります。交流戦からは、キューバ勢がいなくなります。
2軍は、ナゴヤでのオリックス3連戦と敵地での阪神3連戦です。首位をキープしたいところです。

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球

波に乗れず

■1軍 2勝3敗<通算14勝18敗4分>4位
5/ 3(月)●横浜2-1中日 ●梅津5回1失点
5/ 4(火)○横浜4-8中日 ○大野7回4失点、根尾満塁HR、高橋・阿部2打点
5/ 5(水)●横浜4-0中日 ●勝野6.2回4失点、阿部3安打
5/ 8(土)●広島4-3中日 ●福谷6.1回4失点 
5/ 9(日)○広島0-2中日 ○柳8回0失点、Sマルティネス、ビシエド2ランHR
先週阪神・巨人に4勝1敗と勝ち越したことで勢いに乗りたいところでしたが、今週はホームで2勝3敗と負け越してしまいました。
火曜日の試合は、根尾選手のプロ1号満塁ホームランで試合を決め快勝でした。水曜日の試合は勝野投手が7回に4失点、土曜日の試合は福谷投手が7回に2失点と、継投がポイントだったかもしれません。日曜日の試合は、柳投手の好投とビシエド選手のホームランで勝ちました。広島が中日戦の前まで6連敗で5位となっていましたので、この2連戦は勝ち越したいところでした。土曜日の試合は、栗林投手1人に負けたイメージです。

 

■2軍  1勝1敗<通算19勝11敗>1位
5/ 4(火)○阪神0-4中日 ロドリゲス4安打完封、平田・渡辺HR
5/ 5(水)雨天中止(対阪神
5/ 6(木)●阪神2-1中日 松葉7回0失点、岡林2安打
火曜日の試合はロドリゲス投手が完封しました。木曜日の試合は松葉投手は好投しましたが、初登板のロサリオ投手が2失点で逆転負けとなり連勝が8でストップしました。

 

今週は、1軍は甲子園での阪神3連戦とバンテリンドームでのヤクルト3連戦です。Aクラスのチームとの対戦となるので、勝ち越したいところです。
野投手が1軍登録を抹消されましたので、先発投手は、小笠原・梅津・ロドリゲス・勝野・福谷・柳投手と予想します。
2軍は、敵地での広島3連戦とソフトバンク3連戦です。広島が3位、ソフトバンクが2位なので、育成とともに勝利も目指したいところです。

以上
#中日 #ドラゴンズ #中日ドラゴンズ #プロ野球